2015年12月17日
(14歳)写真をクリックすると拡大画像が見れます。約20KB
1・ボクチンは少し衰えてきました
ちょうど去年の今頃までは、まだまだ絶好調でした。
毎日大阪城まで早足で1時間ちょいの散歩を元気にやっておりましたが、2015年の正月を越したあたりから、急速に衰えが目立ちはじめました。
散歩は大阪城までの距離が行けなくなり、近くの公園になりました。

そして、なによりも目が急速に見えなくなってきまして、部屋の中を歩けば、いたるところにゴチンゴチン頭をぶつける始末で、トイレも場所がわからず失敗することが多くなり、人間も大変になりました。

そして何よりも痴呆症も強くなってきており、今までかなりの芸が出来ておりましたが、とうとう「お座り」も全く出来なくなり、だれにオヤツをもらっているか、だれに撫でてもらっているかなど、もうひとつ判っていない感じなのが寂しいですね。

動物園の狭いオリに入れられたライオンのように、同じところをクルクルクルクルと周り続けたり、バックが難しくなってきたようで、なんでもない部屋のコーナー部分に挟まったまま10分ほど、どうしていいかわからずジッとしていたりするのを見るのは、少し痛々しいです。

衰えは日に日に目に見えるように早く、今はすぐ近くの公園にも行けなくなりました。

ただ救いは、食欲だけは旺盛なことですね。(時間はかかりますが)

しんどいかも知れないけど、もうちょっとだけ頑張って生き続けてね。


「ペット・ポートレート」
20人以上の画家在籍の肖像画作成、彫金迷子札、オリジナル首輪、ステッカー等。続々と新商品が登場予定。新規開店のペットのオーダーメイド商品とサービスの専門店。