避妊去勢手術の基礎知識

 避妊去勢手術のメリットは多いので、犬に子供を産ませる予定がない方は早めの避妊去勢手術を推奨します。
メスの避妊手術
オスの去勢手術

方法---全身麻酔による卵巣摘出手術。場合によれば子宮も摘出。

方法---全身麻酔による睾丸摘出手術
入院期間---1〜2日。長い場合は1週間。 入院期間---通常は不要。病院によっては1〜2日の入院を勧める場合も。
費用---3〜4万円 費用---2〜3万円
手術時期---6〜7ヶ月以降 手術時期---6〜7ヶ月以降
メリット
メリット
  • 性的ストレスが無くなり、寿命が伸びる傾向にある。
  • 望まない妊娠を避けれる
  • 生理・発情期のストレスから解消
  • 子宮の病気、乳ガンの予防
  • 飼い主が発情期の散歩時にオス犬の寄りつきに神経を使わなくてもいい
  • 性的ストレスが無くなり、寿命が伸びる傾向にある
  • のぞまない交尾の発情の回避
  • 通年あるメス犬に対する発情からくるストレスを解消
  • 前立腺の病気、精巣、肛門周辺の腫瘍などの病気の予防
  • 飼い主が散歩時にメス犬に対しての欲情に対して神経を使わなくてもいい
  • 攻撃的な性格、支配性が緩和される
デメリット
デメリット
  • 手術後の交尾は不可能になる
  • 少々肥満の傾向あるが適切な運動と食事で問題なし
  • 発症率は極めて少ないがホルモン欠乏症による皮膚病になることもあるが、もし発症しても有効な治療法があるので問題はない。
  • 手術後の交尾は不可能になる
  • 少々肥満の傾向あるが適切な運動と食事で問題なし
  • 発症率は極めて少ないがホルモン欠乏症による皮膚病になることもあるが、もし発症しても有効な治療法があるので問題はない。

 犬の性的ストレスが無くなり、寿命が伸び、より長く愛犬と快適な生活が保障される面が最大のメリットと思われます。
 高齢になるほど麻酔の負担が強くなります。
 メスは発情中の手術は出血が多い為に避けるのが無難。
 オスは特に、メスもそうだが、手術が可能な体になれば出来るだけ早い時期に手術される方が効果が高くなります。
 オスに生まれてきたからには交尾行動がしたいだろう、メスとして生まれたからには子供を産みたいだろうなんて親心はわからないではありませんが、それは犬にとりまして、一生の中での一瞬の喜びであるかも知れませんが、継続的なストレスの解消にはなりません。


「ペット・ポートレート」
20人以上の画家在籍の肖像画作成、彫金迷子札、オリジナル首輪、ステッカー等。続々と新商品が登場予定。新規開店のペットのオーダーメイド商品とサービスの専門店。