海外のスプリンガー
 世界では多種多様のイングリッシュ・スプリンガーが存在し、スプリンガー固有に対する認識も深いです。
認識
 本土イギリスを中心に、積極的にスプリンガーを研究する人間が多く、スプリンガー特定の本も多く、情報量は日本の比ではない。
柄、体型
 フィールド・タイプやショー・タイプのスプリンガーが豊富な為に斑点が多かったり、白/黒/タンのようなスプリンガーも多く、体型も柄も多種多様。
捨て犬
 やはり海外ではスプリンガーの数が多い分、残念ながらスプリンガーの捨て犬も多いようです。見捨てられたスプリンガーの救済を専門に扱うホームページもあったりする。
 日本では、そういうことがないように願うだけであります。
家庭犬
 海外でもスプリンガーが最高のコンパニオン・アニマルとして扱われることが多いです。アメリカでは番犬として扱われることも非常に多い。
クラブ活動
 数が多いだけあって、スプリンガーのクラブ活動も非常にさかんである。
繁殖
 日本のブリーダーのレベルよりかなり高いと思われます。
断尾
 なんだかんだ言ってイギリスも認定された医者しか断尾出来ないようになっただけで、依然スプリンガーは断尾されている。
 ヨーロッパ数カ国で「断尾」は廃止になったが、アメリカは所によっては侃々諤々やっていますが、現在の所、何の進展もなし。
 日本は言語道断。


「ペット・ポートレート」
20人以上の画家在籍の肖像画作成、彫金迷子札、オリジナル首輪、ステッカー等。続々と新商品が登場予定。新規開店のペットのオーダーメイド商品とサービスの専門店。