スプリンガーのしつけ

 スプリンガーを飼ってみると、あなたが今まで接したことのあるどんな優秀な犬にも負けず劣らず、スプリンガーのその聞き分けの良さと頭の良さに驚かせられると思います。
 しかし、その反面しつけを怠り、甘やかしすぎると、えらい目に遭います。

服従性
 適切なしつけをすれば、服従性は非常に高い上に頭脳明晰なので他の犬種より扱いやすいでしょう。
 しかしスプリンガーは人間との上下関係に超敏感なので、小型犬レベルの甘やかしをしていると他の犬種より扱いにくくなります。
 日頃の服従姿勢の実行、リーダーウオーク、食物に対する自制は特に大事かも知れません。
コツ
 かなり食い意地が張っているので、食べ物で釣ると驚くほど飲み込みが良い。とにかく、誉めてしつけることが一番大事。
 叱る場合は、叩くのは絶対に厳禁!叱る時は、「駄目!」と低く強く言いながら、即座にひっくり返し、マズル(口吻部)を押さえ込むのが、効果的。5秒以上経ってから叱っても何の意味もナシ。
 その際、名前を呼んで叱ったり、叱った後にすぐに遊んであげたり、オヤツをあげたりするような肯定行動もいけませんね。
 あと、要求行動や過度の興奮が見られる時は、適度な無視も大事ですね。
 カワイイ愛犬に「無視」するというのは、非常につらい行為ですが、驚くほどの効果がある場合もあります。
 日頃から服従姿勢を素直にとれるようにしましょう。
犬の本能
 スプリンガーは 犬本来の本能的野性味を存分に備え、非常に犬本来の本能に忠実な犬といえるでしょう。
 栄養本能、繁殖本能、運動本能、自衛防衛警戒権勢本能、逃走本能、群棲本能、服従本能、闘争本能、等々。
 犬の本質を理解した、しつけを心がければ間違いは少なくなるでしょう。
激怒症候群
 「病気」の項を参照。
訓練施設
 日本では、大きな犬を飼う人は、犬を訓練施設に預ければ大丈夫なんて思っている人がいるかも知れないが、預けるだけで飼い主訓練のない訓練施設は、飼い犬が訓練士の言うことを聞くようになるだけの施設であり、飼い犬が飼い主をボスと見なしていなければ何の意味もなさない。
 スプリンガーの頭の良さは群を抜いています。犬の問題行動があって、訓練されるべきは100%人間にあります。
 「しつけをする時間がない」なんて言う人はそもそも犬を飼う資格はありません。
大きさ的に
 スプリンガーが立ちあがるとかなりの大きさに見えます。
 小学生ぐらいの子供など、いとも簡単に倒せるでしょう。
 スプリンガーは本気を出すと大型犬並の力を出します。
 取り返しのつかない間違いが起こらないように、責任感を持って、十分なしつけをしましょう。
瞬発力
 相当訓練能力の高いスプリンガーですが、安心しきっていると、いったん駆け抜け逃げると、スプリンガーと言うだけあって、すごい瞬発力を見せます。
 とてもじゃありませんが、人間の足では追いつきませんので、人や他の犬がいる場所でのノーリードは大人の飼い主の十分過ぎるぐらいの状況判断がない限りやめましょう。
 とにかく日頃から「来い」「おいで」で必ず来るようなしつけも肝心。
子犬のしつけ
 スプリンガーの子犬のしつけは、いつからやり始めたらいいというようなものはありませんし、幼犬だから早すぎるというものはありません。
 ただ、骨格が未発達なので、骨、関節に負担がかかるようなしつけは避けましょう。
頭の良さ
 スプリンガーの頭の良さは、しつけが行き届いていれば服従性がかなり高いことが証明されるが、それは、しつけが行き届いていない場合は容赦なくボスの地位に着こうとする犬の本性の裏返しでもあることに注意。
犬全般から
 犬という動物は完全にハッキリとした序列社会の動物。ボスは部下を噛みついても、いとわれず、要求高い。そして部下は部下でいることに甘んじることなく、ボスが隙を見せると、ボスになろうとする。
 スプリンガーも御多聞に漏れず、一度ボスの座を狙ってくると、噛みついて挑戦してきたりと始末に負えない場合もありますので、人間社会に適応する為にも、しっかりしたしつけを心がけるべきです。 


イングリッシュ・スプリンガー・スパニエ

「ペット・ポートレート」
20人以上の画家在籍の肖像画作成、彫金迷子札、オリジナル首輪、ステッカー等。続々と新商品が登場予定。新規開店のペットのオーダーメイド商品とサービスの専門店。