21 FEB ペルー チチカカ湖 ウロス島 

高山病がおさまってきたかなと思ったら、今度は風邪です・・・・
今日はチチカカ湖上に浮かぶウロス島にボートで行きます。
昨日の夜から雨が降り続け、週間天気予報もずっと雨ですし体調も悪いしで、行くのを止めようかと思っていましたが、ボート出港の9時少し前より雨があがり、みるみる内に晴天になりましてラッキーでした。
ボートから見た今泊まっているプーノの街並
ボートで30分くらいのところに浮かぶ、これがウロス島。
島と言っても本当の島ではなく浮き島です。
トトラという葦で作られた人工の島で、こういった島が40ほどあり、700人(ガイドは2000人と言っていました?)ほどが生活しており、学校が三つ、病院が一つあるらしいです。
ある島に着くと、歓迎の歌を歌ってくれます。
この島の女性は鮮やかな原色系の服を着ているのが特徴です。
上陸してみると、ふかふかのトトラでまさに水上の上を歩いているような感覚はありますが、しっかりと安定しております。
1〜2か月に一回、新しいトトラを積み重ねていくようです。
しばし、この島の成り立ちや作り方や生活状況のレクチャー
トトラは島の土台にもなり、家の材料にもなり、食糧にもなります。
赤ちゃんまで、島の人たちは結構ずっとボリボリ食べていました。
ガイドは胃の強くない人はすぐにお腹を壊すのでやめておいた方がいいと言いましたが、とりあえず私も食べてみました。
ほんの少しだけ甘味のようなものがありますが、味の無いサトウキビといった感じでした。
島の男の子は大人も大体こんな感じの恰好でした。
この島独特のバルサという船
5ドルで次の島まで乗って行けますが、私はお土産を買ってすべてお金を使い果たしたので、乗れませんでした。
観光客は無料で民族衣装を着せてもらえます。
彼女はチリから来た観光客。
チチカカ湖名物料理です。
チチカカ湖でとれるマス(ここではトゥルチャといいます)の竜田揚げ。
正直本当は食べたくなかったですが・・・・・
クイと動物をご存じでしょうか?

そうです大ネズミです!

こちらでは昔よりかなりメジャーな料理でございますので、これは挑戦せずに帰れないという義務感だけで注文しました。
う〜〜〜ん、味は鶏肉に一番近いです。
思ったよりも肉からケモノ臭はしません。
ただ・・・・・やっぱり・・・・ドラえもんじゃありませんが・・・・あれを想像すると・・・・
大阪市脳活健康麻雀と麻雀ルール教室「すまいる」玉造校