10 MAR エクアドル オタバロ

あれ?この街は空気がいいなあ。
そして人もずいぶん良さげな気がする。みんなすごく優しい。
やっぱり都会と違いますね。
なんか違う国に来たみたいです。
街の外れで家畜の青空マーケットをやっていました。
ほとんど牛でしたが、少し羊や山羊やクイなどもいました。
ここオタバロの女性の伝統的衣装です。
刺繍された白のブラウスに黒や青の布を巻き、首に何重もの金色のネックレスをつけています。
さすがに慣れた手つきでクイをつかみ値段交渉しています。
服屋さん。
小さな教会で結婚式がありました。
こちらの男性は皆、髪を伸ばしていて、後ろで三つ編みにしています。
ちょっと神父さんの話しが長すぎて、会場はちょっとダレ気味でした。
ライスシャワーの中、新郎新婦は教会の前に出てきて記念写真。
教会前で待ち構えていた楽団の前で、友人たちに囲まれて新郎新婦はダンスを踊ります。
そして飾り付けられた車に乗って、ハネムーン?
ちなみにこの夫婦はすでに1歳くらいの子供がいての結婚式でありました。
なんかいっぱい物をぶら下げて奇抜な恰好ですので、変り者の黒人さんかなと思っていましたが、よく考えたら前の街でもこのような人間を見ましたことを思い出しました。
どうもエクアドルの軍関係の人間かも知れません?
夜は寒いですが、昼は半そでで十分なくらい暑いです。
こちらの人がよく食べている定番アイス。
コップに割り箸をはじめの段階で入れて作っているのがまるわかりのアイスですね。
すごく食べにくいですが、味は美味しいです。
うずらの卵売り。塩かサルサソースをかけ、爪楊枝で食べます。子供のおやつにピッタリ
いつでもスタンバイオーケーなんですけど・・・・・
路上ではこのような老婆もトウモロコシを売ろうと頑張っております。
ハンモックとブランコのあいのこ
これは何としても欲しいと思いましたが、まだ旅が続くのにどうやって持ってかえろうかと考えると結局あきらめました。
ヤウラルロクロという初めて聞く食べ物でしたので、注文してみました。
豚のホルモンとジャガイモのスープでした。
付け合せで黒く見えるのが、どうも肝臓をしっかり水分が飛ぶまで空焼きにしたようなものでした。
小麦粉原料のスナック。
トウガラシがほどよくきいてパリパリで美味しいです。
「どこの国の人間?」とよく聞かれますが、こちらが答える前に
「中国人?韓国人?日本人?」と最後に日本人が出てくることが多く、少し悲しいです。
はじめに
「日本人?中国人?韓国人?」と聞いてきた場合は、私の対応が違います。


大阪市脳活健康麻雀と麻雀ルール教室「すまいる」玉造校