14 MAR コロンビア サン・アグスティン 

お前、やっぱり変な頭だよ
本当は朝ごはんは付いてないですけど、宿の人間と仲良くなると、今度は一緒に朝ごはんを食べていけ食べていけと無理やりでも食べさせられるのは、大変うれしいことですね。
昨日は半日、宿のこのジャミッドと出歩いたりしていました。
私といる間、ず〜〜〜っと笑顔ではしゃいでいるのに、いざ写真を撮ろうということになると今まで見たことのない恰好つけた顔になるのは、面白いですね。
コロンビアは中南米で一番白人との混血が多いのですが、このジャミッドは自分がインディヘナ(先住民族系)であることに誇りを持っており、この写真で着ているポロシャツもインディヘナの協会の会員のシャツらしいです。
さて、あまりにもずっと都会系の街が続いたので、ここらで田舎に行きたいと思います。
ほとんど手のひらサイズですべてのコロンビアの地図しかなく、何のガイドブックも無く、何の情報も無いですが、ここから首都ボゴタの間の村に行くことになりました。
こちらのトラックってアメリカ製が多く異常に大きいですね。
排気マフラーが上に飛び出しているのが特徴です。
これは増水した時などの為でしょうか
バスで移動中20分以上対向車とすれ違わないようなところで、ジャガイモを馬で運搬している人。
いったいどこに運ぶというのだろうか?
予定よりずいぶん遅れてサン・アグスティンに到着して昼食。
あの〜私の分は無いのでしょうか?
もちろんありますよ。はい、あ〜〜〜〜〜ん!
街から外れた田舎のおすすめの宿にバイクタクシーに連れていってもらうことになりました。
お、だんだんと私の望んでいた風景に
ようこそサン・アグスティンへ
この宿は良さそうかも
なんかベッドは竹製でありますし、窓からの景色も部屋の感じはバリ島の安宿そっくり。
なかよくなった二匹。
味のある顔をしているでしょう。
なでなでがすごく好きです。
まったく同じ顔をしている親子です。ただちょっと仲がいいのか悪いのか、ケンカしたかと思えば、寄り添って寝たりの繰り返しでした。
大阪市脳活健康麻雀と麻雀ルール教室「すまいる」玉造校