15 MAR コロンビア サン・アグスティン 

今日は馬に乗って遺跡巡りツアーに行きます。
生まれてはじめての乗馬です。
私のような重い人間で、こんな小さ目の馬で大丈夫でしょうか?
「右左の曲がり方は手綱を曲がりたい方向に引っ張る、止まる時は全体に引っ張ってください。それじゃあ行きましょうか」
「え、それだけ?・・・私は馬に乗るのは初めてなんですよ」
「ははは、大丈夫、大丈夫」」
ズッデ〜〜〜ン!!!
案の定、馬を制御しきれなくて落馬しました・・・・。
昨日、インターネットで変に乗馬方法をかじっていて変に馬を常時操作しようとしていたのが、ダメだったみたいです。
素直に馬にまかせて、必要な時だけ方向性やスピードを調節すれば意外とスンナリ行くようになりました
近年、この地方で1世紀から8世紀ぐらいの遺跡が見つかりました
これは人身御供となる子供に刃物で殺して神に捧げる様子の像です。
この像も人身御供となる子供を抱えています。
この遺跡の目の前には白樺の似た木がいっぱい生えています。
それらの木に斧を入れるとあら不思議。
なんと鮮やかな色の樹液が出てきます。
遺跡の像もこれらを使って彩色いていたそうです。
次の遺跡へ移動です。途中こんなところも通過したり、すごい急こう配もありますが、馬だと楽々ですね。
渓谷の頂に到着
こんな人里から相当離れた渓谷を見下ろす形でも遺跡がありました。
この彫刻は3面に掘られており、太陽と地と水をそれぞれ見つめているそうです
「あ〜〜〜〜疲れた〜〜〜」と言っています。御苦労様です。
それにしても4時間も専用の馬に乗り、私一人の為に専用のガイドが付きまして2500円くらいでしたので、非常に安いのはいいのですが、本当にいいのかなという感じがしました。
生まれてはじめての乗馬はおしりが痛かったですが、大変いい経験で楽しかったです。
とりあえずガイドさんに昼食をおごりました。
ガイドさん家のワンコ。
宿に帰ってきました。
おい、お前!よその犬をかわいがってきたんとちゃうやろな!!!
はやくワシもナデナデせんかい!!!
しょうちいたしました
お!おまえ、俺の気持ちいいところをよくわかっているな〜〜〜〜
宿の裏はジャングルのようなコーヒー畑になっております。
コービーの収穫は4月と11月の年二回ということです。
右のプールに熟したコーヒーの実を入れています。
左の機械で実から白いコーヒーの豆を取り出します。
プールに入れているのは豆を取り出しやすくするためにふやかしているのかな?
バナナも植えられていました。
下半分は収穫された後で、先端に見える赤いのは花です。


大阪市脳活健康麻雀と麻雀ルール教室「すまいる」玉造校