17 MAR コロンビア サン・アグスティン 

乗馬をした次の日の朝に歯磨きをしていて洗面台でかがんだ瞬間に激痛が!
結構な背筋の痛みで半日寝込んでしまいました。
間違いなく、はじめての乗馬それも長時間で、普段使っていない背筋を痛めてしまったのでしょうね
朝食。自家製パンとスクランブルエッグと、パパイヤとブドウの練乳がけ
宿の娘さん。
いつもニコニコで、いつも何か食べたあと口のまわりに牛乳のあとなどをつけたままウロウロして結構天然系のいい子です。
宿やコーヒー農園の手伝いをしっかりして働きものです。
ガスもありますが、薪ストーブで煮炊き焼き物までなんでもします。
ちょっとしたコーヒー用のお湯などを沸かしたりする時だけガスの方が効率的なので、ガスを使います。
牛の骨をくわえている俺にコレ以上近づくなよ
俺にもこれ以上近づくなよ
昼ごはんはチャーハン。
ちょっとだけあげる
僕の分は?・・・・
しゃーないな〜。私がパンを焼いてあげよう
今日は街の人おススメの遺跡公園に行こうとしたのですが、背筋が痛く遺跡公園までの3キロを歩き気がなく、どうやって行こうかと昼ごはんのレストランで悩んでいると、同じ宿に泊まっていた若者グループと出会いました。
すると彼らがバイクで連れていってくれるということでお言葉に甘えて連れていってもらいました。
広大な敷地の公園に遺跡が点在していました。
こんなに広いとは知らず、背筋が痛いのに、全部まわるのに歩いて3時間もかかりました。
うらめしや〜〜〜〜
鮮やかなオレンジの花びらが落ちる道のアップダウンが延々と続き、これを行く前に知っていれば行かなかったかも知れません。
しかし、色々見ごたえのある遺跡などがあり興味深い公園です。
こんなのや
こんなのが30ほど点在しています
帰りは自分で帰るしかないのでバスを待っているとこんなのがやってきました。
どんな風にして私がバスに乗っているかというと、バス最後部にある鉄格子につかまっているだけなんです。これは長時間は絶対無理ですね。
左はシーチキンと卵と惣菜入りの揚げパン。
右がカボチャ入りハンバーグとパン
若い人は照明が暗く、音楽ガンガンに鳴らしているバーで酒を飲みますが、オジサンたちはこういう雑貨屋さんで経済的かつアットホームな雰囲気でビールを飲みます。
実は3晩連続でここで私も飲んでいまして、すっかりここの人たちと仲良くなりました。
そしてなんとこの日はみんなでビールをおごりあっていたら、10本もビールを飲んでしまいました・・・・この日は計3.3リットル・・・・ちょっと飲みすぎですね
私がリクエストすると、店の主人がコロンビアの名曲の数々を弾き語りしてくれまして最高の夜でございました。


大阪市脳活健康麻雀と麻雀ルール教室「すまいる」玉造校