3月28日 メキシコ・メキシコシティ 

ジャマイカからここまでほとんど寝ていないので、今日は大奮発して一泊4000円の宿です。
なんと日本のビジネスホテル以上の清潔感と高級感あるホテルでした。
レセプションもすべて一級の感じで、制服の人が笑顔で素晴らしい対応。
この旅ではじめて宿の人間が制服を着ているのを見ました。
今までずっと1000円くらいの安宿ばかりでしたので、「私ごときが泊まってもいいのでしょうか?」という気分になってしまいました。
しかし、おかげさまで、最高に清潔で大きなベッドで2日分ぐっすり寝ることが出来まして、大大大満足です。
トルタスというパンの種類の店のメニュー表。
スペイン語に慣れてくるとなんでもありませんが、はじめは全くわかりませんでした。
レタスと玉ねぎとハムのトルタス
苦菜とジャガイモの煮込みと、チャーハン
食べかけ画像でスミマセン。
エビと卵のハンバーグ。
食感は完全に豆腐バーグのような感じですが、あまりにも美味しくておかわりいたしました。
上記を食べた屋台の陽気な人々
地図に乗っていない地元民だけが行く、繁華街に行ってきました。
牛と豚のホルモン屋台。
こちらの人は、果物にも唐辛子をかけて食べます。
そしてコチラのスナックを発見したのですが、どうしてもこの見た目に食べる勇気がありませんでした・・・・
繁華街はトイレ屋さんが多く、一回3ペソ〜5ペソくらい(20〜30円)。
この二人はトイレ屋さんで働いているのですが、特に右の若い子は私としゃべるのに夢中で、2時間ほど、お客さんが来てもお構いなしで、全部左の男にまかせっきりで、一回も仕事をしませんでした。
だけど本当に憎めないタイプで、左の男も特に何もいいません。
右のホセは私に何かを特別に聞きたかったようでしたが私に伝わらなかったので、私のスペイン語ー英語の辞書を貸してあげましたが、10分経っても見つけ出せないようなので、覗いてみると、まるでトンチンカンなところをずっと見続けていました・・・・。
ところでホセ!なんでそのポーズなんだ!
つっこみどころ満載のホセです。
さて・・・・また空港に一泊です。
空港チェックインカウンターの横の冷たい冷たい床の上で、ナイジェリア人カップルの横で朝まで寝ることになりました。
そこまでは良かったのですが・・・・そこに日本人の孫もいて2年間も南米を旅する年配の絵描きの男性が僕の横に来たのですが、その人がトビっきり口が臭くて、寝ていてもその臭さが漂ってきて、注意するにも年配の方にそういうことも言うに言えず、たまらない夜をまた空港で過ごすことになりました。。。。。
今日は警察官に起こされることは無さそうかな・・・・・
大阪市脳活健康麻雀と麻雀ルール教室「すまいる」玉造校